2012年11月24日

離婚のもつ関係発達論的意味

いつぞやのノートに書いてあった。


離婚に伴って子供の養育環境がどう変化したか。

離婚がどの発育期(子供の生活年齢)において生じたか。

子供の能力気質・性格などの資質的め獲得的条件がどうであったか。

子供が現に生きている社会的・文化的環境が離婚をどのように受け止めているか。


posted by けんじ at 15:54 | Comment(0) | どこかで手に入れた資料
- 広告 -
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 スパム対策のため、承認制にしました。ご理解ください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。