2013年09月18日

ubuntu: vim で日本語固定入力

Ubuntuで日本語入力にIBUSを使っています。標準の状態では日本語入力が面倒なので日本語固定入力というのをできるようにしました。windows のgvimでは、元から日本語固定入力になっています。

github でも公開されています。https://github.com/fuenor/im_control.vim

説明サイト: https://sites.google.com/site/fudist/Home/vim-nihongo-ban/vim-japanese/ime-control/ibus

~/.vim/plugin ディレクトリに im_control.vim を入れて、 ~/.vimrc に以下の記述を加えればOKでした。

" 「日本語入力固定モード」切替キー
inoremap <silent> <C-j> <C-r>=IMState('FixMode')<CR>
" PythonによるIBus制御指定
let IM_CtrlIBusPython = 1

" <ESC>押下後のIM切替開始までの反応が遅い場合はttimeoutlenを短く設定してみてください。
set timeout timeoutlen=3000 ttimeoutlen=100

これで、ctrl+j で日本語入力が切り替えると、日本語固定入力になります。ctrl+spaceで切り替えた場合は固定入力になりません。


posted by けんじ at 10:41 | Comment(0) | パソコンいろいろ
- 広告 -
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。