カテゴリ 「 みんなが買う本 」 の記事一覧
2011年09月08日

完全独習 統計学入門


完全独習 統計学入門

昨日だったか、Amazon で売れていた本。

中学数学だけでわかるという統計学入門書。

その評価の高さには驚くばかりだ。

一度読んでみたくなった。ただし、本当にまともに統計学をやろうとしている人にとっては、本当の入門書になると思う。

統計学と一言で言っても、工学・経済学と数学では大きく異なる。数学では、そんなもの使わねぇ、というのもやる。だからこそ奥深いものなのだけど。

やはり工学系なら確率・統計 (理工系の数学入門コース 7)が読みやすい一冊。これもまた入門書だけど。

計算練習をしたいなら統計学演習がいいと思う。


posted by けんじ at 23:42 | Comment(0) | みんなが買う本
2011年09月05日

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9


今日のランキング1位は、俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9 (電撃文庫) 。アマゾンの本のランキングで1位だった。

(この記事には続きがあります)


posted by けんじ at 21:40 | Comment(0) | みんなが買う本
2011年09月03日

『消された大王 饒速日』


消された大王 饒速日(ニギハヤヒ)−記紀の謎を暴く (学研M文庫)

Amazon のアフィリエイト経由で、昨日1人買っていた。どこからたどり着いたのかはわからないが、説明には次のようにある。

古代、日本には神武天皇が樹立した大和朝廷以前に、「原大和王国」とも言うべき国家が存在していた!その国に君臨していたのは、太陽神ニギハヤヒ。しかし、記紀はこの偉大なる大王ニギハヤヒを、神代史から抹殺してしまった。スサノオの命や神武天皇の原型とも言われるニギハヤヒは、どのようにして歴史から消されたのか。時の為政者が闇に葬り去ったもうひとつの古代史、真実の古代史が今ここに蘇る。

(この記事には続きがあります)


posted by けんじ at 09:45 | Comment(0) | みんなが買う本
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。